お部屋探し

賃貸物件の火災保険は加入しないといけない?

2019/06/09

* 火災保険って? 

賃貸住宅に入居の際は通常、ご契約時に火災保険(家財保険)」の加入を必須としている場合がほとんどです。

初期費用として、15,000円から20,000円前後の保険(保険の保証期間は賃貸借の契約期間と同じ2年間)に加入するのが一般的です。

法律的には、火災保険の加入は強制ではなく、任意とされています。

でも、契約をする際の条件として「火災保険への加入をしないと契約しない」ということが多く、実質、必須となっているのが現状です。

大体どこの物件でも大家や管理会社の指定の火災保険があります。

chintai-renhosyonin-inkan

* なぜ加入しなければならないの?

貸主、借主の双方にとっていざという時、役に立つのが保険です。

生活していると思いもかけないことが起こることがあります。

火事があったり、洗濯機の水を出しっぱなしにしてしまい下の部屋に水が漏れたり、ベランダから物を落として下を歩いていた人がケガをさせてしまったり…。

そんな時、あなたが原因となった場合、損害賠償責任が発生してしまいます。

ご迷惑をかけた方々に損害金を支払う必要があります。



火事を起こしてしまった場合は、ご自身以外の人間が住んでいるマンションやアパートなどの建物、建物の損害金はもちろん他の入居者への損害金も考えると、莫大な金額になってしまいます。

その上あなた自身も家財が燃えて無くなり、一文無しとなってしまうと……。

火災保険に加入しておけば、いざという場合も補償をしてくれます。

借主さんを守るためのものなのです。

oheyasagashi-chintai

yoru-ie

* 火災などの損害以外も補償してくれる‼

火災保険は多くの場合、火災以外にも補償特約がついています。

あつまる不動産が管理している物件で加入していただいている保険では落雷、風災、雹災、雪災などの自然災害の他に盗難などに対しても費用を補償してくれます。

(詳細は入居者様等にパンフレットをお渡しさせていただいています)

初期費用として少しかかってきてしまうものですが、その分様々な補償がされます。

何かあった時に頼りになる保険は大家さんにとってだけでなく、入居者様にとっても強い味方です。

女性のためのあつまる不動産ではお客様の疑問に誠心誠意お応えしております!

賃貸物件女性のお部屋探しはあつまる不動産へ!

女性が安心して一人暮らしが出来る様防犯面やお部屋探しのコツから女性におすすめのお店など幅広くお届けしております。楽しんで読んで貰える様に更新しております♪

-お部屋探し
-, ,