一人暮らし

熱湯を流す時に聞こえるあの音は何?キッチンでのNG行為

熱湯を流した時の音 一回ぐらい聞いたこと、ございませんか? 

シンクに熱湯を流すとき、ドゴッ!ドンッ!など

大きな音が出て驚くときってありませんか??

カップ焼きそばのお湯を捨てるときや

パスタや麺類の茹で汁を捨てる時によく聞く音です。

この音はステンレスが熱膨張を起こして

反り上がった音だと言われています。

音がしたということは、結構熱いお湯が注がれたという証拠!

実は結構危ないようです!!

ステンレスの膨張がというよりも、

実はもっと危ないのが排水口!

排水口に使われている塩ビ管、

一般的な耐熱温度は62℃から72℃だそうです

さっきまで火にかけてブクブク沸いていたお湯の温度は

その72℃を超えていますよね・・・

熱湯を流すことによって塩ビ管がどんどん劣化してしまいますので、

その後のトラブルになりかねません!

お湯を流す目安の温度は60℃以下 

シンクにお湯や熱いものを流す際は

ある程度温度を下げてから!

または水を流しながらが好ましいようですよ。

水を流しながらだと水道代がもったいないと感じなくもないですが…

排水管のトラブルにかかる費用と比べれば安いものですよね。

ついやりがちなことではありますが、気をつけて過ごしたい点です。

この春から一人暮らしをスタートさせた方は是非参考になさって下さいね♪

女性のお部屋探しはあつまる不動産へ♪

女性のためのあつまる不動産では

安心安全にお部屋探しができるよう女性スタッフが

女性目線でしっかりCHECKしながらサポートさせていただいております♪

女性のお部屋探しはあつまる不動産へ!

倉本

筆者も現在一人暮らしのため女性のニーズを掴みながらお客様にとって最適な物件を素早くご提案しております。ブログの更新頻度は高め。一人暮らし女性のお役立ちに立てる様な情報を解りやすくお届けしております。

-一人暮らし
-,