お部屋探し

賃貸物件で【ペットと一緒】の生活がしたい方必見!制限や初期費用について

賃貸物件でペットを飼う事

ペットと一緒に暮らしたい♪と思っていらっしゃる方も多いでしょうか?

私の友人はハムスターを最近飼い始めたそうですし、

街を歩いていても猫ちゃん・ワンちゃんをよーく見かける今日この頃です。

あつまる不動産にも、

「ペットをこれから飼いたいです!」とお部屋探しにいらっしゃるお客様が増えています。

家に帰ってペットに癒やされる。。。

そんな生活、憧れますよね♪

ところで!

可愛い可愛いだけではペットは飼えないわけで、

賃貸のお部屋で暮らすためには

どうしても義務や制限が発生してしまうのが実情です。

そこで今回はその義務や制限についてお話したいと思います。

pet-neko



【ペットの賃貸物件について知って欲しい事】

▼初期費用が高くなる

ペットを飼うとなると、

敷金が最低でも+1ヶ月追加で必要となります。

■敷金2ヶ月の場合

1ヶ月分は償却されます。

(=退去の際の修繕費用にあてるため返金されません)

敷金で補えない引っ掻きキズやおしっこの臭いがあると

フローリング張替え代金を別途請求される可能性があります。

■保証金償却の場合(保証金は返ってきません)

先日ご紹介した物件は大型犬可という事もあり、

保証金3ヶ月(償却)でした。

保証金で退去の際の修繕を補いますが、

足りない場合はもちろん別途費用が発生します。

初期費用が想像以上に高くなる事が多いですので予め確認して下さいね。

pet-inu



▼制限がある

”ペット” と一括りにしても

●猫はOKだけど犬はNG

●小型はOKだけど大型はNG

●犬は1匹まで、猫なら2匹OK

などなど、

制限は物件により異なりますので、

ネットでお部屋探しをする場合には注意が必要です。

詳細に確認していくと、

●大型でも○kgまで

●鳴く犬はNG・・・なんてことも!

また猫や犬はNGで、鳥類のみOKのケースもあります。

一見すると、ペット可の賃貸物件も多く感じるかもしれませんが

ご自身のペットがOKかどうかは物件により異なりますのでお気をつけ下さい。

※因みにペットの中でも大型犬との入居が一番難しいです。

☆☆☆☆☆

やはり賃貸物件でペットを飼うのはハードルが高いようですね。

そのため

「猫くらいなら無断で飼っちゃおうかなー」と聞く事もあるのですが

それは契約違反となり違約金や退去費用を請求されることになりかねませんので

くれぐれもご注意くださいね。

TVや動画で見かけるたびに私たちの心を癒やしてくれるペットたち。

規則や制限を守って楽しく暮らして下さいね♪♪

女性のためのあつまる不動産では、女性スタッフが安心安全に

お部屋探しのサポートをさせていただいております!

初めての一人暮らしはもちろん、ペットと暮らすお部屋探しも

お気軽にお問い合わせください♬

女性が安心して一人暮らしが出来る様防犯面やお部屋探しのコツから女性におすすめのお店など幅広くお届けしております。楽しんで読んで貰える様に更新しております♪

-お部屋探し
-, ,