オーナー様

和室から洋室へ【リフォーム】する場合どの程度するべきか

2018/03/20

リフォームはどうしたら良い?

先日お会いになったオーナー様の賃貸物件は築30年程。この度リフォームをする事になり

女性向けのお部屋にするにはどうしたら良いかとご依頼を受けました。

もともと女性専用の賃貸物件だったことから

お部屋に入るとキッチンも広さがあり2口コンロ、バス・トイレ別で南向き、追焚機能付。など女性に人気の設備が揃っておりました。

ですが、この度リフォームするにあたり

”和室を洋室にリフォームするに際しどの範囲まで変更するべきか”と

大変悩んでおりました。

washitu-rifomumae

和室の畳はゴロゴロすると気持ち良いですし、旅行に行って畳があると何だか癒やされます♪

とは言え、やはり女性に人気の賃貸物件かと言われると そうではない です。

*因みに本日ご来店下さったお客様の引越し理由ですが ”現在畳のお部屋に住んでおり、やはり畳が嫌…”との事でした…

特に若い女性の方には残念ながら人気がないです……

washitu-tatami

ですが

和室から洋室へ賃貸物件を変更するには

・畳だけをフローリングへ変更(15万前後)

・壁・天井も洋風へ変更(35万前後)

・押入れもクローゼットに変更(50万前後)

他、スイッチの交換や掃き出し窓・襖など徹底的にリフォームをすると100万前後かかる事が予想されます。

一言で和室→洋室へ変更と言っても様々なプランがございますし、費用をかけて家賃が上がらなければ意味がないですよね。

nayamu-cat

女性のためのあつまる不動産には日々一人暮らしの女性のお客様がお部屋探しにご来店下さいますので、女性の細かなニーズとそれぞれの家賃帯を把握しております。

オーナー様の物件の立地や家賃相場・他設備も考慮し、どの程度リフォームすることでご入居者様が決まりやすいかなどご提案させて頂きます。

どんなお部屋に・どこまでリフォームをしたら良いかとお悩みのオーナー様、女性のご入居者様をお探しのオーナー様、是非一度ご相談下さい。

当店は女性スタッフだけの会社となります。女性目線でご提案させて頂きます。

物件検索


一人暮らしのご相談


atsumaru

女性だけの女性による 女性のためのあつまる不動産です♪お部屋探しの際にはお部屋だけでなく周辺環境や駅前の道のり、街灯の数などCHECKしながら女性が安心安全に暮らせる物件を日々ご紹介しております。女性のお部屋探しはあつまる不動産へ♪

-オーナー様
-,