お部屋探し 一人暮らし

女性一人暮らし応援【賃貸物件選びの基本】

2021/04/05

皆様こんにちは!女性の一人暮らしを応援いたしますあつまる不動産です
さてさてお引越しシーズン真っ只中、のんびりしたいけれど慌ただしい時期かとおもいます
そんな皆様に新生活が良いスタートをきれるように、賃貸物件選びについてのポイントをお伝えしたいとおもいます!


部屋探しで良く聞く【R・L・D・Kの違いとは?】

R(Room)→ルームの略で個室のことをいいます
L(Living)→リビングの略で居間のことをいいます。テレビやソファーを置いたりするところになります
D(Dining)→ダイニングの略で食事をする部屋なことを言います。テーブルや椅子を置いたりできます
K(Kitchen)→調理スペースのことをいいます

1R~1LDKの特徴とは?

1R(ワンルーム)→玄関やキッチンと部屋の間に仕切りがなく1部屋でつくられたシンプルな間取りです                        

メリット→家賃が比較的低く設定されている・冷暖房が全体に行き渡りやすい・仕切りがない為、開放的で広く感じる
デメリット→訪問者が来た時に玄関を開けたら部屋が丸見えの恐れあり・来客時にトイレ音が気になる・料理をすると匂いが部屋全体に行き渡る
※単身者むけで家賃をおさえたい!という方や荷物や家具が少ない方におすすめです





1K(ワンケー)→部屋とキッチンに仕切りがあり、1Rとの違いはキッチンと部屋の間に仕切りやドアがあるか、ないか                 

メリット→キッチンと部屋に仕切りがあるのでにおいが部屋に充満しずらい・家賃も低くおさえられる・部屋の中がみえずらい
デメリット→仕切られているぶん部屋が狭く感じる・冬場はキッチンは暖房が行きずらいので寒くなりがち・物件の選択肢が多い
※単身者向けで家賃をおさえたい方や初めての一人暮らしの方におススメ





1DK(ワンディーケー)→独立したダイニングキッチンがあり、1Rや1Kよりも広い                                キッチンで食事ができるので部屋と生活スペースを分けることができる
DKの広さの目安は一部屋で4.5畳以上8畳未満と決められています

メリット→生活スペースをわけれる・部屋でゆっくりできる
デメリット→建物によって広さにバラツキがある・エアコンが設置できるか・レイアウトによって過ごし方が大きくかわってくる
※料理を良くする人におススメ・食事場と部屋をわけたい方・広い家に住みたい方におススメ





  

1LDK(ワンエルディーケー)→リビング、ダイニング、キッチンが一つになった部屋の事です。                            食事や調理や団らんの場を確保できることができます

メリット→居間と寝室をわけることができる、スペースにゆとりがある・好きなインテリアがおける
デメリット→家賃が高い
※パートナー同士や夫婦、小さなお子様ずれのかたにおすすめ






以上が賃貸お部屋選びでの最初の基本です!
理想だけでなくご自分の生活パターンにあわせて優先順位をつけて選んでいきましょう!
女性のためのあつまる不動産では一人暮らしの女性が安心安全なお部屋探しを提案しております。
ネットで調べた気になる賃貸物件の安全性はどう?
女性目線でお部屋探しをして欲しい!
おすすめの物件はどんな物件?
など、お部屋探し中の女性のみなさま、お気軽にご来店下さい(^^)

女性が安心して一人暮らしが出来る様防犯面やお部屋探しのコツから女性におすすめのお店など幅広くお届けしております。楽しんで読んで貰える様に更新しております♪

-お部屋探し, 一人暮らし