一人暮らし女性の注意点-防犯編-

一人暮らしの女性の注意点・防犯編

一人暮らしの女性の注意点・防犯編2

「一人暮らしの女性」は防犯意識を常に持つ事が重要です!

突然の訪問者には対応しない

一人暮らしのお部屋に突然来る方って実は営業がほとんどです。友人が遊びに来るなら携帯で連絡がとれますし宅急便や書留などは不在票がポストに投函されます。心当たりのない突然の訪問者には居留守で対応し、後に必要あれば対応しましょう。実際に突然の訪問者に対応し引越しせざるを得なくなったお客様もいらっしゃいます。*お隣を装った恐怖体験はこちらです*

引越し挨拶

女性が一人暮らしする場合、近隣の方への引越し挨拶はおすすめしません。それは周りの方へ「一人暮らし初めました」と知らせている様なものだからです。一人暮らしの女性は周囲にバレない様に生活する事が前提ですので自らアピールをしてはいけません。但し女性専用物件であれば周りも皆女性。やはり安心感がありますので挨拶しておきましょう。。*女性専用物件はこちらです*

 洗濯物や玄関には男性ものも一緒に

下着は室内干しにしても服やタオルは外に干す女性も多いですが、外から見れば「一人暮らしの女性」が住んでいるかすぐに判断できます。下着を室内に干す事で下着泥棒は避けるかもしれませんが、防犯対策にはなりません。犯罪者は女性が住んでいるか・侵入しやすい物件かを下見しておりますので目をつけられないためにも、洗濯物は室内で干したいところ。どうしても外で干す時には男性ものも一緒に干す事をお忘れなく。同じ様に玄関にも男性靴を置いておきましょう。

出窓やカーテンも要注意

外から見える窓やカーテンも要注意です。女性向けのピンクや花柄カーテンでなく白や茶色など男性も利用する色を選びましょう。外からは見えず中からは見えるマジックミラーカーテンなどおすすめです。出窓には化粧品やぬいぐるみなど女性が好む物を置かない様にしましょう。

ポストの鍵選びも要注意

郵便ポストに南京錠が付いていない場合、ホームセンターなどで購入する事が大前提ですが以前友人が鍵を購入する際、ピンクが好きなのでついピンクを選んでしまった…と話していました。折角鍵をかけてもピンクやかわいい色は「一人暮らしの女性」を想像します。女性と気づかれない南京錠を購入しましょう。

表札の名前はパソコンで

表札は名字は書いた方が配送員さんにも解りやすいですね。ただ言うまでもなくフルネームで書くのはNG。名字を書く時に気をつけて欲しいのはプリンタやラベルシールを利用して下さい。手書きだと女性・男性の判断ができてしまう事も…。 表札を出した方が良い時・悪い時も合わせてご確認下さい

夜道のながらスマホはNG

夜はスマーートフォンが光を発信しているため周りから見ると顔がよく見えます。音楽を聴きながら歩いている女性も同じですが周りとの繋がりをシャットダウンしているので突然の事に対応出来ません。女性が夜道を歩く際には、防犯ブザーを持ち後ろを振り返りながらささっと帰るのが安全です。

玄関前でゴソゴソしない

家についたと思って玄関でガサゴソ…鍵を探すのに時間がかかる程、人目に触れ「私はこのお部屋に住んでいますよ」とアピールしていることになります。「一人暮らしの女性」は犯罪に巻き込まれやすいです。以前玄関前でゴソゴソしていたら、後ろから男性に抱きつかれた…との恐怖を体験したお客様もいらっしゃいます。日頃から駅を降りた時から鍵はポケットに入れ、玄関に着いたら直ぐにお部屋に入る方が安全です。

ちょっとのゴミ出しも施錠を忘れず

空き巣犯罪者が狙っているのは意外にも朝が多いんです。その時間帯は「ゴミ出し」の時間帯。それでなくとも朝は慌ただしいためゴミを出すちょっと時間は施錠せず出てしまう方が多いのです。その時間を空き巣は狙っています。ちょっとの時間でも必ず施錠して出ましょう。

夜のコンビニは避ける

夜コンビニに立ち寄った際に見知らぬ男性が家までついて来られていた…と恐怖体験をお持ちの女性もいらっしゃいます。夜のコンビニで漫画雑誌やカップラーメンを購入する男性と異なり一人暮らしの女性が購入する物といえばスイーツやドリンク程度。購入後のコンビニ袋を見れば一人暮らしなのか解ってしまいます。ですので購入した物は袋ごとカバンに入れましょう。また公共料金などの支払いも毎回同じコンビニに行くのもやめましょう。

お部屋に逃げ込まない

万が一誰かにつけられてる…?と感じた時、思わずお部屋に駆け込みたくなりますが、外から見れば電気のつくタイミングなど見ればアナタがどのお部屋に住んでいるか一目瞭然。コンビニやお店など人が集まっている場所へ駆け込むのが安心です。日頃から夜まで開いているお店もチェックしているとより安心感があります。

窓を開けたまま寝ない

意外かもしれないのですが窓を開けたまま寝てしまう女性も多いです。以前寝ていて目を開けたら見知らぬ男性が自分を上から見ていた…と背筋も凍る様な実体験をされたお客様も…防犯対策は日頃から欠かせません。根拠のない自信は持たず窓は閉めて寝ましょう。また窓を閉めておけば友人をお部屋に呼んだ時に声が漏れづらいのでクレーム回避にも繋がります。*お客様の恐怖体験はこちらです*

帰宅したらすぐに鍵をかける

鍵を開け荷物を玄関先に置いているうちに男性が家に入ってきた…という話もあります。両手荷物があると鍵をかけるのも大変ですので、大きな物はネットで注文するなど工夫し鍵を開けたら直ぐに閉めましょう。お客様の恐怖体験はこちらです

常に危機感を持つことを忘れない

どれだけ防犯対策している物件でも、結局はご自身が無防備では意味がありません。一人暮らしの女性は想像以上に周りから見られている事を忘れず常に警戒心をもってお過ごし頂けたらと思います。

 当店では防犯関係もしっかりチェックしながらお部屋をご紹介しております。

お気軽にお立寄り下さいね♪

ご相談は こちらから♪

%e3%81%be%e3%81%82%e3%82%8b%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93-%e5%95%8f%e3%81%84%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9bver%e3%80%80%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3%e6%a1%88

updated_at: