オーナー様

触ると粉が付く?外壁塗装のサイン

建物 壁 

外壁を触った際、手に粉が付くことがあります。

これを「チョーキング」「チョーキング現象」「白亜化現象」などと呼びます。

粉が吹くと表現する方も多いですね。

太陽からの紫外線や熱、雨などの水分によって塗装面が劣化し、塗料の中にある顔料が粉のようになっている状態です。

手に付く粉はいわば塗り替え時の目安

触ってちょっと粉が付くかな?ぐらいならまだ問題ありませんが

手が粉まみれになるレベルになると早めの塗装をオススメです。

チョーキングが起きているとどんな問題が?

チョーキングは壁が劣化してるから起きる現象。

劣化している状態のまま放置していると建物はさらに傷んでいきます。

チョーキングが起きていると防水性が悪くなります。

雨の日や壁に水をかけた際に変色するかどうかでもチョーキングが起きているかどうかを確認することができます。

変色するということは水を吸っているということですから、カビの発生など、更に建物の劣化を早めてしまう可能性があります。

また、外壁が腐ることもあり、室内にも影響が出ることも。

チョーキングが起きた状態を長い時間放置しておくと壁のひび割れの原因にもなります。

放置していたがために大掛かりな工事が必要になってしまうことも。

定期的に外壁に触れてチェック

建物劣化させてしまわないためにも定期的に外壁のチェックをすることをオススメします。

外壁塗装の寿命は10年程とも、20年程とも言われていますが、これは塗装の種類によって変わってきます。

大掛かりな業者の手配も不要で触るだけで確認ができるので気がついた時にチェックしてみて下さい。

築1、2年程度なのにもう粉が……

そんなに古い物件じゃないのに外壁を触ったらもう粉が……!

1番耐用年数が短いとされているアクリル塗料でもチョーキングが起きるのは5年程なので

海の近くなど塩気が多いなどの特殊な理由がなければ施工不良が原因の可能性があります。

しっかりと塗料を撹拌しないまま塗った、下処理が適切ではなかった、材質と合わない塗料を使ったなど様々な原因が考えられます。

その際は別の施工業者を交えて業者と現場のチェックを行うなど対応が必要となります。

外壁はいわば建物の顔

お部屋探しをされるお客様はお部屋の中はもちろん、建物の外観にも注目してお部屋探しをされます。

古さが目立つ、塗装が剥がれているなど、外観がおざなりになっていると建物全体の雰囲気が悪くなってしまいます。

特に女性の方は建物の安心感、防犯面も重視されるので暗い、古びた雰囲気の建物を嫌がる方は非常に多いです。

築年数が古くても外壁がきれいに塗装されているとそれだけで第一印象がとても良くなります。

人は見た目が9割なんて著書がありますが、物件にも同じことが言えます。

外壁はいわば建物の顔のようなもの。

一度、物件の外観を見て、触って問題ないかチェックしてみて下さいね。

倉本

筆者も現在一人暮らしのため女性のニーズを掴みながらお客様にとって最適な物件を素早くご提案しております。ブログの更新頻度は高め。一人暮らし女性のお役立ちに立てる様な情報を解りやすくお届けしております。

-オーナー様
-, ,