一人暮らし

冬だからこそ気を付けたい思わぬ火事・・・

「ガス」の画像検索結果

もう今年も残すところ一か月と少し。

寒い日が続くようになってきました。

寒くて乾燥するこの季節だからこそ気を付けたいのが火事です。

IHコンロでも侮らない

2017年、火事の原因の1位は放火、2位がたばこ、3位がコンロでした。

ガスコンロはもちろん見た目にもわかる通り火が灯ることもあり危険なのは一目瞭然。

カセットコンロでこたつでお鍋、うっかり袖をひっかけてしまいこたつ布団に火が燃え移るなんてことも想像しやすいですよね。

ならIHなら万が一のときも火がついていないから安心と思いそうなところ。

IHが火を使わない、ガスより火力が弱いと思われがちですが、使った人ならわかる通り最近のものの火力は十分なもの。

IHの電源がついた状態のまま電気ポッドなどを置いたままにしておいてあわや大惨事ということも。

基本的にIHは上に物が載っていない状態や対応調理器具でない場合は時間経過後に強制的に電源が落ちたり、音で知らせる仕組みになっています。

ですが、底がフラットなものなどはIH対応フライパンや鍋のように反応してしまい、そのまま熱されてしまう場合も。

電源が落ちた状態でも直前は高温状態なので十分注意が必要です。

ストーブ類は特に注意

ガスストーブは最近使用するために必要なガス栓がある物件が珍しいです。

石油ストーブも最近は使用を禁止している賃貸物件が多くなりました。

多くの人が自宅で使うといえば電気ストーブ。

ガスも石油も電気も使用方法を間違えれば危険。

冬場、布団が寒いからとベッドの近くでストーブをつけっぱなしにして寝てる間に布団に火が。

昔から多いシチュエーションです。

また、恐ろしいのは布団に燃え移った火は実はかなり消えにくいという点です。

布団の火、消えたと思っても要注意

布団の火は一度消えたからと安心していると、見えない中で静かに燃えていて、あとからまた炎上を始めるということがあります。

布団は中身が綿なので火が付きやすく、また一度火がつくとちょっと水をかけただけでは消えづらいので用心が必要です。

すこしのたばこの火程度、すこし焦げたぐらいと布団でぱんぱん叩いた程度では火は完全に消えません。

実際に火を消した後に布団を干した後にベランダが火事になっていたという事件もあります。

布団に万が一火が付いた際は消火後もかなり入念にチェックすることをお勧めします。

住まいの注意点もご紹介

あつまる不動産では賃貸物件のご紹介のほか、

住まいの安全性や周辺の防犯状況のご紹介、

暮らしの注意点やアドバイスも行っています。

初めてのお部屋探し、今までの引っ越しが上手くいかなかった方、娘様の初めての一人暮らしで心配という方など、

ぜひあつまる不動産にご相談ください。

物件検索


一人暮らしのご相談


女性目線で様々な角度からブログを通じて皆様がより快適に、より安全に暮らせる様お伝えしていきます!お部屋探しの際には是非あつまる不動産へお越しください♪

-一人暮らし