女性の一人暮らし お部屋探しはあつまる不動産

一人暮らし女性が注意したいお部屋探しのコツ、防犯対策やレイアウトなど一人暮らしの女性に役立つブログを日々発信しております!

お部屋探し

南向きのお部屋のデメリット

2018/04/19

 人気の「南向き・日当り良好」

お部屋探しをするうえで「南向きの日当り良好なお部屋がいいです」とご希望される方多いですね、私もそうです。

日本では南向きのお部屋が好まれるのでマンションやアパートは主要採光面が南になっているお部屋も多いです。

日当たりが良いとお部屋の印象も変わりますし、冬も暖房器具が不要な日当たりの良いお部屋は光熱費も節約になります

洗濯物も乾きやすいです

が、人気の南向きのお部屋でもデメリットはあります

各方角メリットとデメリットを確認

 南向きのデメリット 

日当たりが良い、冬暖かい

ということは、夏場非常に暑い ことになります

寒がりの女性にとって南向きはおすすめですが、暑さに弱い女性は冷房代がかかってしまうことになりますよね

また、日当たりが良すぎる故に家具や書籍など日焼けで痛めてしまう場合もあります

日当たりが良い物件の場合、夏場は遮光カーテンなどで光を調整すると良いですよ

また、日当たりがいいからカビや結露が発生しにくい!と油断していると、室温が上がりやすいため、常に締め切っていると湿温が高くなり、かえってカビが生えやすい場合もあります



他の方角でも注意したいところですが、湿気には要注意です

 東向きのメリットとデメリット 

東向きも結構人気です。

朝日が入ってくるので、朝日を浴びてスッキリしたい女性におすすめですね。

夏場は南向きや西向きに比べて日が入る時間が短いので比較的涼しいです

デメリットは洗濯物が午前中以外は乾きにくいことと

午前中にゆっくり寝たい方にもあまり向かない傾向にあります。

 西向きのメリットとデメリット 

午後から日が入ってくるので、夜も部屋が温かいです

冬場は夜に帰宅してもお部屋が温かいと嬉しいですね

洗濯物も午後に干しても乾きやすいです

デメリットは朝は冷え込むことですね。

また、空気中の温度が温かい状態で夕日が入ってくるので朝日よりも西日は強く感じます

(よく朝日より夕日のほうが強いと思っている方がいますが、実際は光は変わらないそうです)

 北向きのメリットとデメリット  

一番不人気なのは北向きです

日当たりがあまり良くなく、冬場は寒く、また日が入ってこないので結露やカビが発生しやすいです

冬場は暖房代が高くつくこと、日当たりがよくないのでお部屋が暗く、どんよりとした雰囲気になってしまいます

洗濯物も乾きにくい方角

最大のメリットは他の方角と比べると涼しいということですね。

夏場は特に日が入らないことにより快適に過ごすことができます

また、同じような内容でも南向きなどと比べると賃料も安い場合もあります

結露やカビの防止のためにこまめな換気と清掃ができ、寒がりの女性にはおすすめです

 北向きでも関係なく日が入る天窓(トップライト) 

天窓があると北向きでも通常の窓の倍以上の採光が期待できます

風通しもよいのでカビや結露も比較的発生しにくいと思います

ただし、日当たりが良すぎるため室内温度は非常に高くなります

また、直射日光が当たるので部屋の中に居ながら日焼け止めが必要になる場合もあるそうです

カーテンや遮光物を気軽に取り付けられる物件なら快適ですが、そこも要チェックです

女性のためのあつまる不動産ではお部屋探しで見落としがちなポイントもお伝えしながらご紹介しております

女性のお部屋探しはあつまる不動産へ!

倉本

筆者も現在一人暮らしのため女性のニーズを掴みながらお客様にとって最適な物件を素早くご提案しております。ブログの更新頻度は高め。一人暮らし女性のお役立ちに立てる様な情報を解りやすくお届けしております。

-お部屋探し
-,