お知らせ 一人暮らし

賃貸住宅を借りる時の初期費用:火災保険に地震保険もつける?

賃貸住宅を借りる時の初期費用の中に、「火災保険」というのがあります。

火災保険ってなあに?

火災保険は、

家財保険 ★自分の家財が被害にあった時(盗難、火災、水災、風災等)の、家財を買い換える時の手助けになるもの。

借家人賠償責任保険 ★自分で火災等を起こしてしまった時等、大家さんに対して行う補償が必要な時に手助けになるもの。

個人賠償責任保険 ★自分で水漏れを起こして下の階の人に被害が起こった時等、被害にあった方に対して補償が必要な時に手助けとなるもの。

この3つがセットになっています。

契約するためには、必ず火災保険への加入が必要になります。

火災保険は、まさかの時に手助けになるもの

時間のある時、自分が加入した保険のパンフレットをよーく見直してみましょう。

細かい補償内容は、保険によってまちまち。

こんなことも補償してくれる、と頭の片隅に入れておきましょう。

そして、「まさかの時」には、保険会社にすぐ連絡を。

火災保険に地震保険もつける?

最近、地震保険もつけたい、地震保険もつけたほうがよいの?、というご要望、ご質問を頂きます。

地震保険は単独では加入できず、火災保険にセットする形になります。

そして、保険の対象になるのは、自分の家財です。

「家財保険」で火災や自然災害の時には、自分の家財の補償が受けられる、と書きましたが、例外があります。

「地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災・損壊・埋没または流出などの損害」です。

要するに、普通の火災保険では、地震そのもので壊れた家財、地震が原因で起きた火事で焼けた家財に対しては、補償の対象外、ということ。

そんな時に手助けしてくれるのが、地震保険です。

地震保険の対象は、家財だけ

ということは、

地震でタンスが倒れた時に床に傷がついちゃった 、お部屋を解約する時に傷を修理しなくっちゃ、っていう時には、地震保険では補償してくれない、ということ。

地震保険は、民間の保険会社と国が共同で運営する公共性の高い保険。

大規模な地震が発生し、保険会社だけでは補償しきれないような損害が発生した場合は、政府が代わって保険金を支払う仕組みになっています。

『被災者の生活の安定』が目的なので、家財の損害額の全てを補償するものではありません。

30万円以上の高価な家財も対象外。

大地震の際には、大家さんも「原状回復して」とは言いません。

小さな地震で家具等か倒れないように、地震対策をするのが一番大事かも。

女性目線で様々な角度からブログを通じて皆様がより快適に、より安全に暮らせる様お伝えしていきます!お部屋探しの際には是非あつまる不動産へお越しください♪

-お知らせ, 一人暮らし