お知らせ 一人暮らし

賃貸住宅を借りる時の初期費用:火災保険ってなあに??

火災保険ってなあに???

借りる物件がやっと決まったら、いよいよ申込♫

申込をして、オーナーさんの審査が通ると、「賃貸借契約精算書」が送られてきます。

そうです。契約に必要なお金のこと。

お家賃だけかと思ったら、その他、いろいろかかるんだなあ、と、私も初めてお部屋を借りた時に思いました。

その一つに、火災保険があります。

保険なので、なんにも問題なく生活できていれば、必要ないのだけれど、万が一に備えて加入するものです。

万が一の時に、自分を助けてくれるものなのです。

「万が一」って、どんな時???

火災保険、といっても、火事が起こった時の保障ばかりではありません。

他にはどんな時に助けてくれるのかしら。

賃貸の場合には、建物は自分の持ち物ではないので、まず、「家財の保険」に加入することになります。

えーっ! 泥棒!!!

まずは自分の家財が盗難にあった時、水災風災外部からの衝突など、「住まい」に関するリスクを総合的に補償してくれます。

そして、もちろん火事の時にも……。

えーっ! 隣の人が火事を起こしても、隣の人に何にもしてもらえない!!!

お隣から火事!!!

そんなことはめったにないけれど、そんな時に、

「重大な過失がない場合の失火については、損害賠償請求できない」と法律で決まっているのです。

でも、自分が火事をおこしたら、大家さんに対しては、賠償責任があります。

えーっ! 借りたものは「借りた時と同じ状態で返すこと」!!!

賃貸借契約をする時に、基本的には「借りた時と同じ状態で返すこと」が契約条件の中に入っていると思います。

もし、自分が火事を起こしてしまった場合は、大家さんから損害賠償請求でとんでもない額を請求されることもあるのです。

そこで、原状回復の費用を補償する「借家人賠償責任保険」の加入が必須になっています。

えーっ! 洗濯機止めたはずなのに!!!

全自動洗濯機の蛇口を締め忘れる、一人暮らしビギナーには多い失敗です。

外出中になにかのはずみでホースがはずれたら…。

下の階の部屋まで水浸し、TVが映らなくなった、たかーいバックがボロボロ、なんてこともあるかもです。

そこで、「個人賠償責任保険」にも加入する必要があるのです。

自分の過失で、隣の人や、下の階の人に迷惑を掛けてしまった時に、補償してくれます。

こんなそんなの「万が一」に備えて加入するのが「火災保険」なのです。

女性目線で様々な角度からブログを通じて皆様がより快適に、より安全に暮らせる様お伝えしていきます!お部屋探しの際には是非あつまる不動産へお越しください♪

-お知らせ, 一人暮らし