お部屋探し

デザイナーズマンションの定義ってなぁに?

2018/08/27

単身者向け、二人入居者向け、ファミリー向け、どの賃貸物件にも「ありがち」「よく見るタイプ」の間取りってありますよね。

特に分譲賃貸は微妙に収納の配置や色が違うけど雰囲気も形もそっくりというシリーズもあるあるです

そんな中、他とは違うおしゃれなデザイナーズ物件は目を引きますよね。

ですが、デザイナーズ物件と一口に言っても様々…

デザイナーズとはどのような物件を指すのでしょうか

デザイナーズマンションの正確な定義は無い

物件検索サイトなどを見ていると「これデザイナーズなの?」という物件もちらほら……。

建築家やデザイナーが設計した、こだわりのあるマンションのことをデザイナーズマンションと言うなど、

Googleで調べると出てきますが、実はデザイナーズの定義は正確なものはありません。

どちらかというと、見た人の「感覚」によるものだそうです。

ただ、基本的には個性が光る独創的なものが多く、「他とは違う」「人とは違う」を求める人にとっては非常に魅力的な物件が多いです。

デザイナーズは住みづらいって本当?

デザイナーズはデメリットとして住みづらいと聞いたことはありませんか?

確かに、デザイナーのコンセプトが強く前面に出た奇抜なものもありますが、すべてがそうとは限りません。

間取りだけ見ると家具の配置もしやすく、暮らしやすい一般的な間取りで

室内の設備はこだわりのキッチンや壁紙、照明器具などを使いひと味ちがう空間を演出したような物件もあります。

狭い土地を上手く利用するため、奇抜な間取り、形になってしまっているものの、

それを補うために設備を工夫した物件も。

また、外観やエントランスなどの共用部分もデザイナーズらしい物件から、一般的なマンションとそれほど差異がないものまで様々。

物件それぞれのメリット、デメリットはデザイナーズというくくりだけでは判断し辛いところ

間取りや写真、最終的に現地で部屋を見ることが良い物件と出会うための1番の近道です。

デザイナーズでなくてもおしゃれな物件も

デザイナーズ物件でなくても、最近は大家さんが一工夫加え、おしゃれに演出されたお部屋もあります。

DIY大家さんも増えたようで、棚までご自身で作ってしまう大家さんも。

「入居者の方に気持ちよく使ってもらえるように」という細やかな心遣いが見える物件も多く、安心感もあります。

あつまる不動産ではそういった女性が安心できる物件を多くお取り扱いしておりますので是非一度ご来店ください。

少しでもお役に立てたなら是非ポチッとお願いします^^

↓↓↓↓↓^^

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

にほんブログ村

女性が安心して一人暮らしが出来る様防犯面やお部屋探しのコツから女性におすすめのお店など幅広くお届けしております。楽しんで読んで貰える様に更新しております♪

-お部屋探し
-, ,